忍者ブログ
Cyulaの思い出帳&メモ帳。自由きままに書いてますヽ(´ー`)ノ 書きたいときに、まったりと更新中。 最近は主に温泉&ダイエット&美容に興味あります。
Admin / Write / Res
<< 04   2017/05   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     06 >>
[1]  [2
[PR]
2017/05/25 (Thu) 02:40
Posted by Cyula
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




前からずーっとオペラってものを生で聞いてみたいなーと思ってました。

でも、オペラってイタリア語とかでしょー?
何を言ってるのかわからんのに、楽しいのー?って思ってたのよね。

2000円と低価格だったので、気軽に楽しんでみようかなーと両親を誘って行って来ました。
私と一緒で二人ともオペラ初めてってことで、とても楽しみにしてました。

オープニングは5人で始まりました。
鳥肌ーーーっ。
とくに、ソプラノのお二人の声量と高音部分で、ぞぞぞーっと感動の鳥肌がね。

もちろん何を歌ってるのか分からないんだけど、音楽って耳で聞く以外に体で感じるものなんだよね。

ピアノソロ。
バイオリン合奏、ソロ。
オペラ合唱、ソロ。

あ、オペラって劇じゃなくても、オペラっていうの?よくわかんない。

ピアノソロ。ちょいびっくりした。
選曲が。
クラッシック曲ってより、ものものしかったり、激しかったり、主旋律がない感じで音楽というよりは、何かを表現してるような音。
へー、と思った。
テクニックの部分ですごいなと思ったけど、なんか不思議な気分だった。

バイオリンいいねー。
前もバイオリンは聞いたことあったけど、今回の選曲が素晴らしいー。
特に高音部分の早い部分は鳥肌です。
掛け合いも楽しいし、魅了されちゃいますね。

で、オペラ。
人間ってスゴいね。
ほんとスゴいね。美しい声。素晴らしい表現力。からだ全身から音が出ててね。響いてるのね。
その響きが伝わって、鳥肌になる。

始まる前にナレーターがストーリーを読み上げるの。それから歌い出すの。
歌ってる意味はわからないけど、表情と声の強弱、声の表現なんかで伝わるのがすごいなー面白いなーと思った。

親子三人、良かったねー。また鑑賞したいねー。
と、帰るまであーだーこーだ感想を話し合いながら帰りました。

母親はアンコールでやったトルコ行進曲が、頭から離れないようで、気づけば歌ってました。


※あとで、曲名を記載しようと思います。
忘れなかったら…。




PR
無事忘年会会場につきました。
五体満足で着くことができました。

初めての人ばかりなので、ドキドキですね。
コンコン
失礼します。初めまして。

何て言うか。
借りてきた猫のように大人しくしてたよ。
借りてきた猫って大人しいの?

で、人生初の株主総会ですよ。
決算報告ですよ。
旅館の会議室ですよ。
ちょっと本格的な雰囲気ありますよ。

一枚の紙が来ました。
ほんと対したこと書いてませんでした。
偉い人が読み上げてましたが、詳細がわからないのでなんとも言えません。

とりあえず、拍手で承認されました。

あと、偉い人があと二年やってもいい?
っていうのも、みんなで拍手しました。

そんなもんでした。


株主総会終わって、はぷにんぐが
「つか、どう考えても4人足りなくね?」
4人は、部屋におりました。

部屋にいるほうもいるほうだが、
人数確認しないで、始めるのもすげーなっ!と思いました。


あとねぇ、あれはボーイッシュとか男っぽいっていうんじゃないと思うんだよね。
私の感想は、ドエスの美人って感じでしたっ。

大きな地震度々発生しますね。
皆様、大丈夫でしょうか。

今日は義務教育時代の避難訓練のことを思い出してみた。

まず避難訓練の朝はハンカチ所持チェックがある。
普段からハンカチとか持って歩いてない私は、
よく忘れていった。

仕方がないので、ティッシュを四角に折り畳み
机の上に乗せた。

先生「ちゅらさん、これハンカチですか?」
ちゅら「はい、ハンカチです。」
先生「先生にはちり紙に見えます。」
ちゅら「心の目で見ればハンカチ」

っていったあと怒られた記憶があります。
チッ冗談の通じない先生め。

その次の日からは、女の子たるものいつもハンカチをもっていないとね♪
と思って持ち歩いた。
ランドセルの底でぐしゃぐしゃになったハンカチは何ヶ月も放置状態だった。
えぇ。私は女の子。

そして、ジリリリ…っていう警告音のあとに
わざとらしいアナウンスが流れる。
地震だとさ。

机の下に隠れなさいってな話になる。
中学生ともなると机の下が狭い。
全然、緊迫した空気が流れてないのでとなりの人どうし
ククク…って笑いを堪えるのが必死だった。

そういや体格のいい人はきちんと机の下に潜れていたのだろうか。

すると決まって、給湯室で火災が発生する。
給湯室もさ。地震が起きたらちゃんと火の元気を付けろよ!
って思う。

先生が廊下に並んでください~っていう。

普通緊急時なら適当に並ぶのだが、きちんと身長順に並ぶ不思議。

あとね。これはうちの地元だけなのか知らなけど、
避難訓練時”前の人を押さないようにするための方法”ってのがあった。

左手を握る。親指は突き出す。
そして右手でその付きだした親指を握る。

でもコレってさ。前の人を押さない以前に走って歩いたりしたら危ないと思うの。
そして火災が起きて逃げるっていう設定なのに
朝ハンカチチェックをしたのに、これじゃーハンカチが無意味なの。
普通、ハンカチで口を抑えるとかじゃない?

おかしい。何かがおかしいよね。

まぁそんな茶番な避難訓練を義務教育時代何回もやってきたわけですが、


今実際、地震が起きたら

机の下に隠れる人挙手してくれ!!!


とりあえず、ガスの元栓確認して
倒れそうな食器棚系を抑えてる自分。

そして携帯でTwitterを立ち上げて
「地震!!!」
とかツイートしてる。
余裕っぷり。


あ、会社で地震があったら、ちゃんと机の下に
隠れてるいい子

理由は机の下に隠れたふりをして
Twitterしてるだけなんですけどね|・∀・)ノ

Cyulaの生存はTwitter内で確認できます。
「アカウント:Miyucyula」


あ、未だにハンカチは持ち歩かないタイプ♪


人気ブログランキングへ 地震慣れが怖い。震度3程度じゃ布団から起き上がらない><


財布にまつわる体験談、第三弾

第一弾 【
財布救出作戦
これは今思い出しても面白いw

第二弾 【財布旅行
財布の1人旅。

そして第三弾
【人間の優しさと同情心】 です。
これもまたかなり昔の出来事。

私は、財布がないことに気付いた。
いつお金使ったっけ・・・とか考えながら
あーでもない、こーでもないって悩んでた。

まぁ、部屋のどこかとか、かばんの中とかから見つかるだろうって
結構あっけらかんとしてたんだ。
財布なくしたーとか言いながら、いつもどこからか見つかるしね。
なくしたというより、どこかに置き忘れてるっていうほうが多いもんね。

すると、家の電話がなった。
電話主<もしもし、ちゅらさんのお宅ですか?

Cyula<はい。


電話主<こちら、○○交番ですが、最近落し物しませんでした?

一瞬考えたあと、もしかしてあれか?!

Cyula<はいはい!財布落としました!


警察官<ですよね。念のためどういう財布か教えてください。


と、言われて細かい特徴まで、
これ以上の説明はないだろうっていうくらい説明した。

警察官<もういいですよwちなみに入ってた金額はいくらでしたか?

Cyula<多分小銭くらいかと。お札は入ってません。


警察官<え?
お札入ってないんですか?

警察官<いやぁ~これですね。
○○展望台付近の
住民が届けてくれたんですが、
お札抜き取られてましたって話だったんで、
てっきり、お札だけ抜き取って財布を捨ててったのかと
思ってたんですよ。


Cyula<いや・・・お札は入ってなかったです。

警察官<あはは。


笑うな!


そんなわけで、○○交番までお財布を取りにいった。
今思えば、中に入ってる金額よりガソリン代の方がかかる距離だ。
車で1時間半くらいかな?片道

Cyula<先ほど、お財布が見つかったと電話をもらったものですが。

警察官<あはは^^wこれだよね?

Cyula<はい~ありがとうございます!

警察官<ほんとにお札入ってなかったの?遠慮しなくてもいいんだよ?

ほんとだってば!なんでそんなん遠慮するのさ。


Cyula<入ってなかったです。

警察官<だってさ、いまどき小学生だって
お財布に1000円くらい
入ってるよね(笑)


小学生以下なんですよ!

警察官<ほんとは拾ってくれたお礼って1割程度なんだけど、
これじゃー50円とかだよねw


Cyula<(笑)←つーか笑うしかできないよね?w

Cyula<あの、拾ってくれた方にお礼したいのですが。

警察官<あ、電話番号なら分かるよ?今かけてみみるね。


というと、電話をかけてくれた。
今、財布主が見つかって来てるんだっていうことと、
中身のお札は抜き取られたわけでなく、
最初から入ってなかったということを伝えてた。

そして私にかわった。

Cyula<お財布拾ってくださって、ありがとうございました^^

年配女性<お札抜き取られてなかったの~?

Cyula<はい。最初から入ってませんでした。


年配女性<いやいや、抜き取られてかわいそうにって思ってたんだよ。

どこまで二人で私をかわいそうな子にするんですか?

Cyula<あ、お礼がしたいのですが。

年配女性<別にいいわよ。お金に困ってるんでしょ?
気持ちだけ受け取っておくね^^優しいお嬢さんね。


Cyula<いえ。困ってるというわけじゃなく、たまたまお金使いきっちゃって。


年配女性<大丈夫ですよ。
お嬢さんとお話ができてそれだけで良かったわ


Cyula<ありがとうございました!


コテンパに貧乏少女、かわいそうな少女って感じで終わってしまった。
警察官にもお金を使い切ってないんだよっていう説明をすればいいんだけど、
多分ね。ほんとにお金がないまま遊びにいってるから、
そういうごまかしさえ思いつかなかったんだよ( *´∀`)

このほかにもお正月に神社で落として拾ってもらったり、
自宅ポストに郵送で送られてた
こともあった。

ん~地元の人たちはいい人が多いわぁ~!

つーか、お財布にお札が入ってなかったからといって
抜き取られたと思うのは間違ってると思う!←←←

でも、無くしても落としても帰ってくるこのお財布
ほんと大切にしましたよ!

****追記****
小学4年くらいのとき、50円を友達と二人で
警察に届けにいったら、50円くらいなら警察に
「落としました~」って来る人がいないから、
あげるよみたいなこと言われました。
そして
警察官の方がポケットから財布を取り出し、50円玉を出して、
「ほら、1人50円だね。
これでお菓子とか買って食べなさい^^」

というのもよい思い出だわぁ~( *´∀`)

人気ブログランキングへ その財布、よくなくなるけど戻ってくる財布。
今の財布、なくならない財布。

なぁんか昨日の記事を書いてて
いきなりシリーズ化にしてしまった
私の思いでバージョン。

テーマ「乗り物」です。
まずは、バス編。


高校のとき、たまぁぁぁぁにバスを利用していた。
たまにの利用なので
カッコよく定期券などもないわけで、
バスを降りるときにお金を入れなくてはならない。

バスを降りるところの近くになると
財布を持ってソワソワ・・・
きっちりお金がないと
いつ両替しようか
ドキドキする。

よりによって後ろのほうの席だから
信号時にささっと両替にもいけない。

っていうか
なんで学生の頃って
後ろに乗るのがいい!って思うのだろうか。
最近では両替のしやすい前が好きだw
と、いってもめったにバスなど乗らないのだが・・・。

事件はここからだ。
両替もささっと済ませ、
ささっと、お金を支払い
ささっと降りた・・・


ささっと・・・




バスをおっかけた!!!







待ってくれ!
私の財布!!!




両替しなくっちゃに
気を取られ、
財布を席に置き忘れてきたのだ・・・

くそぉぉぉ!

バスめ!

待ってくれ。


走って走って走りまくって
赤信号で止まったバスをおっかけた。

青信号になり
バスはまた走り始める。

バスの運ちゃんよ。
後方を何故みない・・・
かわいい女子高校生が
わき見もふらず一心不乱に
バスを追いかけてるというのに・・・

追いかけるのが
もう無理だってわかったとき
次の手段を考えた。

よし!バス会社に電話をしよう。

Cyula「すみません。バスの中に財布を忘れてしまって・・・」

バス「はい。」
Cyula「ナンバーがなんちゃらこんちゃらのバスなんですけど」

さすがCyula
世間ではおっちょこちょいとか
天然とか
言われているが、
バスのナンバーを暗記してるなんて
いがいとしっかりしてる子だね。
とか思ったでしょ?


バス「多分、バスがこちらに来るまでに
なくなってるとは思いますが、
どんな財布なんですか?」


いやいやいやいや。
今バスの運転手さんと連絡してくれ?
赤信号とかで、席にいって
財布を保管してくれ?

バス「連絡取る方法がないです」

Cyula「無線とか?」
バス「ないです。」

タクシーは無線で話してるぞ?
バスって無線ないのか?
バスジャックに会ったらどうするんだ?

話もうる覚えだが、
とりあえず、私は自分の連絡先と
どんな財布かをバス会社の人に伝えた。

バス「多分、届かないと思いますので期待しないでください」

あのね?
そこ再度念をおさなくてもいいよ?
私ちょっとの期待にかけてるんだから!

とはいえ、
自分のお小遣いをためた財布
中身の金額は大したことなかったと思うけど
ショックで・・・
トボトボ家路へと向かった。

家に帰り、バス事件を家族に
話すと涙が出てきた。
なんできちんと財布をかばんに
しまわなかったんだろうとかね。
後悔してもしょうがないんだけどネ。


トゥルルル

バス「Cyulaさんですか!」

何やら、驚いた声
Cyula「はい」
落胆してる声
バス「財布が!届きましたよ!!!」
すごいびっくりした声。
まるで
無事生まれましたよ!元気な男の子です!!!
とかいうような感じで相手は言ってきた。

財布が・・・
◎◎停留所から、◇◇駅まで
時間にして
約1時間
バス旅行を無事に遂げた!!!

一人でバスに乗って
駅にたどり着いたのだ。

バスの人の話によると
きちんと座席にあったそうだ。

いやぁ~~~
我が子のようにかわいい。
初めてのおつかい無事成功したような気分。

次の日に駅まで
財布を取りにいった
感動の再会を果たした
二度と会えないと思った財布。

ごめんね・・・
もうはなさないから・・・。

とかキモイこと思うわけないじゃないw

でもまぁ、
この財布はご縁がある財布と思い
末長く使うことになるのでした。

この財布との思い出はほかにもあるんですけどね^^
それはまた【シリーズ】Cyulaと財布でお送りします。


人気ブログランキングへ 過去の思い出シリーズ増えていくなぁ~・・・( *´∀`)

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Cyula
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
トラックワード

Copyright ©  いつも笑顔でいれたらいいね All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]