忍者ブログ
Cyulaの思い出帳&メモ帳。自由きままに書いてますヽ(´ー`)ノ 書きたいときに、まったりと更新中。 最近は主に温泉&ダイエット&美容に興味あります。
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[878]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867
[PR]
2017/07/22 (Sat) 19:39
Posted by Cyula
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近は、Twitterしてるかシアトリズムしてるか
綾辻さんの小説を読んでるかのCyulaです。こんばんは。

十角館の殺人
水車館の殺人
を読み終わり、
迷路館の殺人に突入しましたよ。





きっかけはですね。
お仕事中に有線放送で
ALIPROJECTの「凶夢伝染」がかかってまして、
ググったら、「Another」のオープニング曲ということが判明しまして、
元々サスペンス系が好きな私。
めっちゃ興味を持ったのね。

Anotherの原作者が綾辻行人ってことを知り、
小説の館シリーズを知ったんですよ。

十角館の殺人
かつて、凄惨な殺人と火災の起こった九州の孤島、角島。
島に残る奇妙な館「十角館」にミステリ研の面々が訪れた時、
恐るべき連続殺人の火ぶたが切って落とされた!


水車館の殺人
三連水車の回る「水車館」に引きこもって生活する、仮面の主人と美少女。幻想画家、藤沼一成の絵に群がる人々に、過去と現在、一年の時を隔てて奇怪な事件が起こる!

エピローグから魅せられる。
どんな展開になるのか、ワクワクしながら最後まで読めるのよね。
そして、最後に犯人が分かったときがポイント。
意外な展開すぎて、笑える。
そして謎解き(というスタンスではないが)始まっても、
全然違和感はないんだよね。

推理小説系って犯人が分かってトリックが分かると、
興奮はその時だけのもので、終わってしまえば、すぐに興奮覚めちゃうんだけど、
綾辻さんのミステリーは、犯人分かって謎解き終わって本を閉じてもしばらく
記憶に残しておきたいような。
そして面白さを人に伝えたいような感覚なの。
でも、このストーリーは人に伝えきれない。

小説を読むのは10年ぶりくらいなのだけど、
読んでて情景を描きやすく登場人物の個性が手に取るように伝わる。
頭の中で映像化しやすくて、
ひさびさの活字でもすんなり楽しく読めたよ。

綾辻さんの小説はいつか制覇したいってくらいはまってますよ。
Anotherのアニメ版
これから夏の合宿に行くことになりますが、
ほんとどうなっていくのか楽しみです。
今のところ全然結末が想像できてません!w








PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
Cyula
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
トラックワード

Copyright ©  いつも笑顔でいれたらいいね All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]