忍者ブログ
Cyulaの思い出帳&メモ帳。自由きままに書いてますヽ(´ー`)ノ 書きたいときに、まったりと更新中。 最近は主に温泉&ダイエット&美容に興味あります。
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
[PR]
2017/08/21 (Mon) 10:07
Posted by Cyula
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/08/18 (Tue) 10:51
Posted by Cyula
FF11のクエストってだるいのありーの
楽しいのありーの
めんどくさいのありーの。

私は、クエストで一番感動したのは、白門クエ
トリックスターの描く夢 - The Prankster
です。

そしていまさらですが、マウラのクエをしました。
多分・・・2回目だとおもうんだけど・・・1回目ってあまりよく話しを見ていなかったのか
感動しませんでした・・・というより記憶がありません。
今日、クエストをやってみて感動して涙がでちゃったクエストを書こうとおもいます。

マウラクエスト「安否」
それでは、続きでお話します。

注意:ネタバレです。
途中お見苦しい落書きも張ってあります。
私が感動しただけで、みなさんは感動するかどうかは責任を負えません。
どうぞ。ティッシュを準備して続きをご覧ください。


マウラ


穏やかなパムタム海峡に面した断崖を繰り抜いて築かれた港町で、
ウィンダス連邦に属する都市のひとつ。

元々はタルタル族の町だったのだが、前マウラ総督の寛大な政策のお陰で、
今では、様々な国籍や種族、職業の者が集う、賑やかな町となっている。



→その、美しき世界 マウラより

セルビナ・アルザビを結ぶ船がこの港からでているが、ここを訪れる人は少ない。
釣りを楽しむ人や、数人の冒険者がたまにいるかどうかくらいの寂しい町。

私は、船釣りをするために、セルビナーマウラ間をなんどとなく往復している。
しかしいまだ釣りのスキルは23のぺーぺーだ。
いつか大物を釣ってやろうとユメを見ている冒険者兼釣り見習い士である。

ある日のこといつものようにマウラに到着し、エサのエビダンゴの調達のため、街に出向く途中のこと。
二人の話し声が聞こえてきた。
396a566e.jpeg






















何やら、右側の婦人の話をしているようだ。
二人の話に耳を傾けると、帰らぬご主人をまだかまだかと待っているとの・・・こと。

盗賊に襲われた・・・!?

(´Д⊂・・・。それは・・・。もう・・・・・・。

私も船でなんどとなく海賊に出会っている。
ここだけの話、海賊よりもNMなタコが怖かったりもする・・。


海賊に襲われてご主人を亡くされた婦人をなぐさめるべく話しかけると。
3fe15494.jpeg

















とびっきりの笑顔で、答えてくれた。






ちょっとせつない気分・・・。


すると、奥から少女が走ってきた。
eb1397c0.jpeg






















亡くなった夫を毎日毎日、港で待ち続けるご婦人。
待つのはつらくない・・・。

認めたくないんだろうな・・・。

私が、この婦人の立場だったらどうなのだろうか・・・
きっと同じように帰ってくるのを待ち続けるかもしれない・・・。


娘は、泣きながら逃げるように走っていった。

婦人は笑顔で私に
「あの子、いったいどうしちゃったのかしら?
ひさしぶりに父さんの顔が見れるっていうんで、
うれしくて動転してるのね^^きっと」

・・・と


それから婦人はまた海のかなたを見ていた。


ちょっぴりさっきの娘が気になり、走っていった方向へ向かった。
彫金ギルドで働く店員のようだ。

14f2e59a.jpeg


















娘は私を見ると、ちょっとびっくりした顔で
「先ほどは・・・すみませんでした。
お見苦しいところを見せてしまって・・・。」


娘は事情を説明してくれた。

 船乗りだったんです、父は。
 でも、船が海賊に襲われたらしくて
 消息がつかめなくなってしまって……。
 もう、かれこれ1年ほど前の話です。

  父がもう戻らないと
 なんとか母に納得させることができれば、
 そこから先へ行けると思うんです。

 私も父の無事は信じたい。
 でも……、こんな状態のままで
 いつまでもやってはいけません……。

 それで、あの……
 力を貸してもらえませんか?
 母に……父の……ことを納得させるために。




できる限りこの親子の協力がしたいと思った私は、力強くうなずいた。

 
本当ですか?
 ありがとうございます!

 父が話してくれたことが
 あるんです。お守りとして、いつも父が
 身につけていた砂の護符は、
 とてもめずらしいものなんだって。

 海賊の1人が
 その砂の護符を身につけているのを見た、
 という船乗りがいるのです。


 その砂の護符を
 
取ってきてもらえないでしょうか。
 もし、それが本当に父のお守りだったら、
 きっと母も、私も、納得できると思うのです……。


 お願いします!
 砂の護符を、海賊から取ってきてください。


私も勢いよく引き受けてしまったが・・・
まさか海賊と戦うはめになろうとはおもいもしなかった。
海賊との戦闘は危険ということはこの娘も承知の上。
それでも私に砂の護符とやらをとってこいと・・・。
なんと・・・むごい娘だ。

しかし、私も赤魔道士のはしくれ(Lv65)雑魚海賊(骨)くらいならわけもない・・・。

いつ出現するかわからない海賊を、いまかいまかと待ちわびる。



音楽が変わった。

ストンスキンを張ってもファランクスで防御を高めても所詮、赤Lv65
海賊の範囲攻撃が痛い・・・。
自分をケアルで治癒しながら懸命に戦った。
あの親子のために!

私は日ごろの行いがよい。
1発ででた。
さすが!といったところだろう^^

急いでマウラに戻った。

そして、婦人にご主人の砂の護符を渡し・・・・

た?


 あの人はきっと帰ってくる。
 私にはわかるんです……。
 待つのは、辛くありません。慣れてますから。


 あの人はきっと帰ってくる。
 私にはわかるんです……。
 待つのは、辛くありません。慣れてますから。


 あの人はきっと帰ってくる。
 私にはわかるんです……。
 待つのは、辛くありません。慣れてますから。



同じことしかいわねぇええええええええええええ



コホン・・・。
娘のところにいくとしよう。


気を取り直し、娘に砂の護符を渡した。


 手に入れて……
 くれたんですね。そうですか……
 やはり海賊が……。


 でも私、あれからいろいろ考えて、
 決心したんです。やっぱり、母と一緒に
 信じてみようって。きっとどこかで、
 父は生きているんだ、と。



バタン!
婦人だ。


ねえ、今日は海も……
 あら、お客さん? ……!?


  母さん!?


  そ、その砂の護符は……
 どこで……、これを……?
  海賊が、この砂の護符を……。
 ああ……!! それじゃやっぱり……、
 あの人は……!


 ねえ、母さん!
 聞いて!!


: わかっていた……。
 もう、戻ってこない! 戻ってこないんだって、
 あの人は……、もう二度と!!
  待つのは辛くない。
 もう待てなくなる辛さにくらべれば……!
 私は待って……、待っていたかったのに……!

 ねえ、母さん、
 聞いて! お願いだから!


:………。


 たとえ海賊がこれを
 持ってたとしても、それで父さんが……
 死んじゃったって……決まったわけじゃない!
 
:私も信じる……。
 私も信じるから!! だから、現実から
 目をそらして、嘘に逃げ込まないでよ。
 ちゃんと現実をみすえて、
 それでなお、父さんの無事を信じて、
 生きて行こうよ。2人で。ね?


  おまえ……

 父さん、無事だよ。
 ほんとに……。きっと元気で帰ってくるよ!!


  そう……
 そうだね……。確かにあの人の船は襲われて、
 あの人の身になにかあったのかもしれない。
でも、きっと何とか
 切り抜けて、どこかで元気にしてるよね。
 運のいい、あの人のことだもの!


 ………。
 わざわざ届けていただいて、
 本当にありがとうございました。
 
少ないですけど、これ、お礼です。
  大丈夫です、私も、母も……。
父の無事を信じて、やっていけます。
あなたのおかげです。本当にありがとう。



私は・・・もう涙で前が見えない・・・

そして娘がサッと私に1枚の紙をプレゼントしてくれた。
さっきいっていたお礼というやつだろう・・・。


丸まった紙を広げてみた。


ボストーニュ監獄の地図

ちょw!



ボストーニュ監獄
ドラキーユ家の暗部として知る人ぞ知る、王都サンドリアの地下に築かれた広大な地下牢。サンドリア城の長い歴史と共に増築され続け、主に身分の高い国事犯が収監されてきた。厳重に警備されており、かつて脱獄に成功した者は皆無である。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
◆ 思わず感動!
いきなりFF14の話かとおもったら、11ですね^^
クエって言い話とかあるけど、めんどさから今いち好かれない感じっすよね>_<
でも14出る前に、全部のクエはやってみたいね~
Liva 2009/08/18(Tue)12:14:07 編集
Re:思わず感動!
きゃぁFF14って書いてたねっ
すぐにFF11に変更しました。
クエストの内容を楽しんでできるといいんですけどねっ
攻略を見てぱぱぱっと終わらせてる気がします。
ゆっくり楽しんでできるとクエストも楽しいものだとは思うんですけどね~w
Cyula  【2009/08/19 10:13】
◆ 思わず感動!
>だるい(-1)楽しい(+1)めんどくさい(-1)
数値化すると、、、ダメダメにしか見えないんですがw

今回は絵に突っ込むとこが殆どない!
1枚目>2枚目でオバチャンの髪が増えてるとこくらいか?

感動のクエか、、、個人的にはオニオンズ団系だなぁ。
クエ消化組が増えると、神在月とか、既に無理クエになったのが
可能になるフラグだな!
臼墨弛樽 2009/08/18(Tue)21:04:39 編集
Re:思わず感動!
2キャラとかあげるときに一番だるいのはクエストでしょう。
1キャラ目はクエストも新鮮なものでした。
今では、さくっと競売から買って渡すだけ。
とりあえずデジョンほしいから名声を~ってな感じでいやいややってますw

今回SSがなかったために絵になったんだけど
これはこれで自分らしくていいかなって思ったり!
ほんとこのブログを通してマウスの扱いがなれたなーって思いますっw
Cyula  【2009/08/19 10:44】
◆ 思わず感動!
画伯の絵のれべるがあがっていることに感動した
ればにら 2009/08/26(Wed)16:43:34 編集
Re:思わず感動!
そろそろ絵画展でも開きます。
嘘です。
Cyula  【2009/08/28 12:19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Cyula
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
トラックワード

Copyright ©  いつも笑顔でいれたらいいね All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]